全道果樹生産者研修会を開催しました

北海道果樹協会は、8月25日、増毛町で平成29年度全道果樹生産者研修会を開催し、全道各地から140名を越える生産者や関係者が参加しました。

 今年のテーマは、近年関心が高まっている「道産果実の加工」。

午前は、調理用りんご品種「ブラムリー」の圃場、加工施設「増毛フルーツ工房 果凜」、増毛町産果実を原料にした「シードル」等を製造している増毛フルーツワイナリーの有限会社ホリタックの3カ所を視察しました

 それぞれの視察地では、今までの取組の経過や道産果実の加工に係る将来の夢が熱く語られました。

 

調理用りんご品種「ブラムリー」を説明する園主の仙北清孝さん

 

増毛フルーツ工房「増毛フルーツ工房 果凜」を紹介する代表の山口加代子さん

 

「シードル」の施設を紹介するホリタック代表の堀井拓哉さん

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

協会

協会ページバナー

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSS

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM