全道桜桃剪定講習会「午後の部」

午後は、深川市内の会場に移動して「講演」です。 開会式の後、軽部賢一氏の「山形県における『紅秀峰』の取組事例」、猫塚雅彦主任普及指導員の「栽培管理の重点事項」、花楯産業細川社長の「剪定鋏の管理法」について学びました。

 

開会式で挨拶する北海道果樹協会 林宏明会長

 

「管理の重点」を解説する猫塚主任普及指導員

 

「剪定鋏の管理法」を説明する花楯産業細川社長

 


全道桜桃剪定講習会『午前の部』

2月1日、北海道果樹協会は、深川市において平成28年度全道桜桃剪定講習会を開催しました。

毎年、この時期に、良質果実生産の大きな要素である剪定技術のスキルアップを図っています。

講師は、山形県指導農業士でさくらんぼ剪定の第一人者、寒河江市の軽部賢一氏。

「骨格となる枝の配置が重要」、「上部は軽くして日当たりを」などポイントを解説しながらの実技。  

また、充電式剪定鋏の実演も行われました。

 

軽部賢一氏の実技

 

ポイントを解説する軽部氏

 

充電式剪定鋏の実演

 

剪定後の紅秀峰


旭川市果樹協会設立50周年記念式典

 

1月25日、旭川市内のホテルで旭川市果樹協会の会員を始め関係者約50名が参加して「旭川市果樹協会設立50周年記念式典」が開催されました。道協会からは林会長と事務局長が出席しました。

同時に作成された「旭川市果樹協会と旭川果樹の歩み」では、明治26年に始まり、昭和42年に旭川市果樹協会が設立されたことなどが年史に取りまとめられています。

 

旭川果樹協会を代表してあいさつする水澤拓也会長

 

祝辞を述べる北海道果樹協会 林宏明会長

 

感謝状を贈られる河田利春氏と水澤亨氏


深川市で「早生ふじ『紅将軍』の目揃い講習会」を開催

10月18日、深川市で「早生ふじ『紅将軍』の目揃い講習会が行われました。

 農業改良普及センターの果樹担当者は、「今年の『紅将軍』は、蜜入りや糖度は十分、食味はもちろんバッチリで、理想に近い『将軍様』に仕上がっています。」と解説。

参加した生産者は、この「自信作」に満足の様子でした。まもなく収穫が始まります

写真 目揃い講習会の様子

写真◆Ъ上の「紅将軍」

 

写真:蜜入りと糖度の状態


「北海道フルーツマルシェ2016」盛況のうちに終了

北海道果樹協会は、9月28日(水)〜30日(金)の3日間、「チ・カ・ホ」で「北海道フルーツマルシェ2016」を開催しました。

果物展示、試食・販売、お楽しみ抽選など、消費者の皆さんと直接交流する中で、道産くだものや道内果樹産地を知ってもらうことができたと思います。

果樹協会に加盟する13支部全てが参加して(七飯支部は台風10号被害のためポスター参加)30日午後5時、盛況のうちに終了しました。

お越しいただいた多くの皆さまにお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

協会ブース前で全体ミーティングの様子。

 

 

商品展示が見やすく工夫された深川支部のブース。

 

支部ブースで「試食品」を味わうお客さま。余市のブースにて

 

 

 



カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

協会

協会ページバナー

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

ブログ内検索

RSS

モバイル

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM